×
HOME>オススメ情報>今後の働き方改革で視野に入れておくべきこと

求人サイトに登録

カウンセリング

近年の働き方改革に伴い、従業員の健康管理には大きな注目が集まっています。とりわけメンタルヘルスに関しては、一定規模以上の事業場でストレスチェックが義務付けられるなど、今後とも重要な課題になっていくでしょう。職場で労働者の健康管理にあたるのが産業医です。常時50人以上の労働者を雇用する作業場では、必ず1人以上の産業医を配置することとなっています。産業医の雇用形態には専属と嘱託があります。専属は社員に準じた待遇を受けますが、出勤日や勤務時間は必ずしも他の社員と同じではありません。嘱託は契約期間だけ仕事を依頼する形で、週1回〜月1回程度の勤務が一般的です。経営者が懇意にしている医師がいて、産業医としての条件を満たしていれば、嘱託として契約することも可能です。そうでない場合は、医師専門の転職エージェントに依頼するか、求人サイトに登録するなどして探します。

仕事の内容は

医者

産業医は医師の資格を持っているだけでなく、一定の講習を受けるなどして、厚生労働省が定めた条件を満たしていなければなりません。定期的に作業場を巡回したり、従業員と面接したりして、専門家の視点から指導を行うのが主な役割です。話題のストレスチェックも産業医の仕事内容に含まれます。工場などでは危険物や毒物による身体的な健康被害を防ぐことが重視される一方、オフィスワークでは精神的な過労やストレスによるうつ病の発生を抑える必要があります。もちろん生活習慣病の予防など、日常的な健康管理に関して助言するのも仕事の一環です。このように産業医は幅広い知識や対人スキルを求められるので、信頼できる医師に依頼することが大切です。

広告募集中